トピックス

2011.11.04

熟成キムチ 肥満や血圧抑制に効果大

韓国農村振興庁と亜州大学共同研究調査発表!   2011.11.02 13:54 KST

研究結果は、米国の栄養学術誌『ニュートリション・リサーチ』に掲載された。

肥満患者22人が、漬けてから1日のキムチ(酸度0.3、pH6.0)と
10日経った熟成キムチ(酸度0.8、pH4.3)のグループに分かれ、
3カ月間に1食100グラム、1日300グラムずつ摂取した。

その結果、下記のような結果が出た。

  調査項目               浅漬けキムチ          熟成キムチ
                       (酸度0.3 pH6.0)      (酸度0.8 pH4.3)

体重                      1.2Kg減少            1.5Kg減少

体格指数(BMI)              0.4Kg減少             0.6Kg減少
1平方メートル当たり          

体脂肪量                   0.3%減少             0.7%減少

血圧 最高血圧(SBP)         3.7mmHg低下         4.8mmHg低下
    最低血圧(DBP)        1.4mmHg低下           4.2mmHg低下

空腹時の血糖             4.18mg/dL低下          5.9mg/dL低下
インスリン数値             1.56ulU/mL低下         3.9ulU/mL低下

血中総コレステロールの       4mg/dL減少           10mg/dL減少
数値の減少幅

今回の臨床実験の結果、浅漬けキムチより熟成キムチが、メタボリック症候群や心血管系疾患のリスクを減らし、血圧や空腹時の血糖、総コレステロールなどを低下させることが確認された。