キムチは21世紀の理想食品

キムチは人類が生み出した唯一無二の最高の発酵食品

  1. 「総合的な意味で世界一の実力を持つ最も理想的な漬物」
    (50年以上漬物一筋の漬物博士 小川敏男 漬物博士秘伝80より)
    次ページ小川敏男×閔南淑対談 食糧新聞2000.10.6
  2. キムチを毎日適量摂ることで免疫力を高めることができる。
  3. キムチの野菜の食物繊維は大腸の働きを活発にする。
    肥満や直腸癌防止などの効果が注目されている。(広辞苑より)
  4. キムチは発酵食品。酵素が抜群。酵素は健康の鍵。あらゆる生体そのものの代謝を司るもの。健康と若さを感じる秘訣は酵素の量。
  5. キムチは医食同源 食べ物は薬にもなり、毒にもなる。
  6. キムチは栄養の宝庫
    1. ビタミンA、C、B1、B2、B12、K が豊富キムチ100g中にビタミンC20mg前後 大人1日ビタミンC必要摂取量50~60mg
    2. 乳酸菌が抜群に豊富。腸内の有害菌を抑制し整腸作用。乳酸菌はヨーグルトの100倍。
    3. ミネラルの宝庫・・・人体に必要な無機質を供給するアルカリ性商品。
    4. ファイトケミカル・・・色素や風味、香りなど。香りの遺伝子は千個存在。色素や香りで遺伝子が働く。
    5. カプサイシン・・・脂肪を燃やす。1gの唐辛子は30分運動と同じ効果。血管を拡げ血流を良くし汗を出す。
    6. 酵素・・・生命力の根源。酵素は48℃~115℃で加熱すると死滅しますが、キムチは生であり生きています。
    7. 食物繊維・・・大腸の機能は、食物繊維の存在を前提としたものである。食物繊維の不足は大腸の機能を不全につなげるものになる。フリー百科事典 Wikipedia より。
    8. アミノ酸が豊富・・・材料の各々のアミノ酸が重なり合って、17種類のアミノ酸を豊かに醸し出している。

    *韓国ではご飯とキムチさえあれば十分栄養価が取れる位だと言われています。